注文住宅だから高い、と決まってはいない

house20聞き慣れていないとわからない注文住宅という名前ですが、要するに、自分で家の広さやデザインなどを指定して建てる家のことで、一般的なイメージのマイホームだと思えばいいでしょう。
建売住宅よりも自由度が高いぶん、高額になる印象が強いものです。
しかし必ずしも高くなるわけではありません。
たとえば内装は自分でやる、という方法もあるからです。

さすがに家の基礎となる部分を自分でやるわけにはいきませんが、家の壁や水回りなど、できることは多いのです。手作り感覚で時間をかけて作った芸能人もいて、そのおかげで数百万円も建設費が軽減できたという経験談をテレビで特集していました。
また、一生住むつもりではないという場合もやはり、安く建てることが可能です。
本当に長く住む注文住宅を建てる用意をするために十五年かかるという状況で、あえて簡易的に無駄をなくした家を建てて住むことで、賃貸で住むよりも安くすむこともあるのです。壁の数や部屋の数を減らして、建設後に仕切りをパーティションなどで作ることで建設が簡単になります。子どもがまだ小さいときなどは、むしろ区切りがないほうが子どもの様子を確認しやすい、といったことがメリットにもなります。